見た目の判断だけでは駄目

2017年10月31日

27aaed2575976c0d86343af7df0994ab_s

とても綺麗にお使いのキッチンでした。レンジフードも、しっかりと厚手のフィルターでカバーされており、油汚れの量は少なめかなと判断。10年以上、特に手入れしていないとヒヤリングしていたにも関わらず、通常のレンジフードクリーニングの手当を行ってしまいました。

分解しシロッコファン、ファンカバーを漬け置き洗いに回し、その間フード内の汚れの取り除きに掛かりました。いつもの様に、本来のアルミ色に輝くシロッコファンが、洗い液から出て来るものと思い、取り出すと・・・焼き付いた汚れの下に、溶け出してまるでヘドロの様な油の塊が、フィンの間にこってり付いているではありませんか!

ケレンで削り取り、再度濃度を上げた洗浄液で漬け置き洗いをし直しました。

取れやすい汚れもあれば、しぶとい汚れもあって、単純に量だけで洗剤の濃度やクリーニング方法を判断してはダメなんだと反省させられました。

お見積り・お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る