夏休み 3 「カビ・細菌」のお話

2018年8月22日

75A31D88-9194-412D-B56A-405B08BEAF58

 日本微生物生態学会

それでは、発酵するカビ や 細菌 だけが、「良い菌」で、腐敗させるヤツらは「悪い菌」なのでしょうか? テレビの健康番組でも、「善玉」とか「悪玉」とか言っていますよね。「菌にしろ、コレステロールにしろ、私達はついつい敵・味方で区別を行い、善し悪しで枠付けしがちです。

 けれども、カビや細菌にとっては、発酵だろうが腐敗だろうが、ただ彼等なりに普通に生きている結果であり、別に人間役に立ちたい等とは、微塵も思っていない訳です。


実は、カビや細菌などの微生物は、生態系の上では、分解者に位置付けられ、食物連鎖としてのエネルギーサイクルを根底で回してくれている大切な存在なのです。

かと言って、家の中で増殖されると、人に被害を及ぼす「カビ・細菌」ですので、エアコンからは早々に立ち退いていただきます。


エアコンのクリーニングを機会に、一度 カビや細菌の事も、お気に止めて頂ければと思います。





今日も「キレイ」をご提案します。

 お問い合わせは、フリーダイヤル ハロー 奈良天理」まで


0800-600-7102 (ナナ テン 二)

お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る